世界的な金融危機で資金調達が困難に

世界的な金融危機で資金調達が困難に

資金調達が困難に

すでに起業してすいる人にとっては、この世界的な金融危機で、年越しの資金が大変なことになっているかもしれませんね。

銀行は、自己資本比率というものがありますので、貸し出している融資金額に対して、自身が自己の資金として保有している金額が、アル一定の割合になっていないと問題になります。

貸し出しが増えているわけではないのに、何故貸し渋りがおきるのかというと、すでに融資している事業者が、この漫遊危機や景気後退で、信用度が落ちているからです。

自己資本比率では、この事業者の信用度に応じて、融資している額に対する自己資本の割合が算出されるので、融資先の信用度がおちてくれば、その融資額に対する自己資本の割合を多く要求されてしまうため、それまで十分な自己資本比率であったとしても、自己資本比率が下がってしまうのです。

融資を増やしていないのに、急激に融資を増やしたのと叔父ようなことになってしまうので、より信用度の低いところから貸しはがしを行い、自己資本比率を回復させようとしているのです。

つまりこれから起業しようというような人に開業資金を融資するような余力はないですし、よほど信用力のある会社でなければ、つなぎ融資でさえ、融資してくれないのです。

こんななかでもも簡単に貸してくれるのは、消費者金融などのとりあつかうビジネスローンですが・・・とても金利が高くて事業資金などには使えませんから、手を出すべきではありませんね。

 

今すぐお金が必要な人はこちらが役立ちます。

トップへ戻る