自宅開業できる学習塾ビジネス

自宅開業できる学習塾ビジネス

自宅開業できる学習塾ビジネス

自宅開業できるビ゛シネスならば、少ない資金で、直ぐにも開業できると思います。

 

いきなり独立開業するだけでなく、夕方から夜間の時間たてを利用するだけならば、副業としても開業可能です。

 

なんといっても、学習塾は自分で開業すれば独立後のリスクが少ないのでお勧めです。

月謝制の前金で予め入ってくる金額が分かりますし、商品の仕入れなどは、教材以外は殆どありませんので、連鎖倒産もありません。

売り掛け買い掛けや棚卸しもないので、個人事業主として、確定申告するのも経理の知識がなくとも、経費の処理ができれば簡単です。

 

FC等に加盟すると、平気で事業ローンを勧められますが、資金をかけたからとっいって成功出来るわけではありませんし、FCに加盟したからと行って、生徒が集まるわけではありません。

逆に、毎月かかってくるロイヤリティーが圧迫して、十分な利益が得られない事が殆どですので、自分で開く方が得策で、独立開業の成功率も高いと思います。

子供の数が減っていますから、1つの教室である程度集められる生徒数というのは限られてきてしまうのですが、自力で開けば収益の率が高いので、(人件費と教室コスト以外は全部利益になるので)少ない生徒数でも利益が出ます。

自分で志度うする事ができ、更に自分の持ち教室や自宅の一室を用意出来れば、利益率は非常に高くなります。

宣伝費ですが、数万枚折り込みちらしをまいたところで対して生徒は集まりません、企業塾は数千万円、億をかけてやっていますから、競争しても勝ち目はありませんので、口コミを使えばいいのです。

個人塾は個人塾なり、地元密着塾なりの戦略があればいいのです。

野菜や果物は、八百屋さんよりもスパーの方が圧倒的に有利すが、塾というサービスは、必ずしも大規模の方が有利とは限りらない部部がたくさんあります。

なぜならば、色々に子供=生徒、色々な考え方をする父兄がいるので、求められる塾も、とにかく厳しく、進学率だけ高いというだけではないのです。

需要のあるタイプの塾を大手はとは違った形でのを提供できれば、収益を十分あげられるだけの教室を開業する事は可能なのです。

もし自分で開く方法が分からなかったら、自分で学習塾を開くノウハウを手に入れれば、何百万もかけてFCに加盟したり、加盟料は少ないが、売り上げの半分近くを取られてしまう、自宅教室開校型のFCに加盟する必要はないでしょう。
トップへ戻る