人間関係に疲れたら農業

退職者の多くが田舎暮らしに憧れていると言われています。

 

田舎へ引越し家庭菜園で自給自足の生活を送ると、日本の食料自給率のアップにも繋がりますし、食の安全にも繋がりますね。

 

家庭菜園での農作業は健康にもいいですし、いい事ばかりのように感じますが簡単に出来る事ではありません。

 

年中問わず作業が付き物ですし、耕すというと結構な重労働です。

 

だからこそ、自分で作った物を食するという醍醐味は作った人にしかわからない喜びなんです。

 

興味がある人は、簡単な野菜から始めてみましょう。

 

家庭菜園は楽しみながら出来るというのがポイントですが、土を触る事に抵抗があったり、農作業が苦になるような人は、いくら安全の為節約の為とはいえ向かないですね。

 

今、そんななかで、農業での企業を考える人が増えています。

 

人間関係で疲れた人や、炭塵が苦手な人が多いです。

 

自然との対話で仕事をしていく方がいいという人がいるのは確かです。

 

収入が少なくても、人間関係が楽な仕事をしたいという気持ちは分かります。

 

ただし、作るだけではだめで、農作物を売るには営業も必要になります。

 

作る技術を学ぶだけではなく売る方法も考えてから起業すべきです。

 

 

 

農機具も必要

人力だけで、農業で収入を得ていくのはとても困難です。

 

できる限り農機具は使わないようにするとしても、絶対耕耘機ぐらいはないと、とても無理です。

 

他のものは何とかなりますが、耕耘機だけはないと作業効率的にとてもゃっていけません。

 

家庭菜園レベルでも今は耕耘機を使う人が多いです。

 

ですから安いものもでていますので、耕耘機ぐらいは揃えましょう。

 

ただし、電動耕耘機は家庭菜園ぐらいでしか使えません。

 

畑に電源などないですし、長時間の使用には耐えられません。

 

ガソリンや混合燃料以外でと考える場合、カセットガス式耕耘機がおすすめです。

 

トップへ戻る