独立後の備え

独立開業は、ビジネスの事だけを考えていればいいわけではありません。
会社設立での独立にせよ、個人事業開業にせよ、経営者は従業員のように、会社によって健康保険や厚生年金、雇用保険などによって保護されるわけではないからです。
まんいち、けがをしたり、病気になっても、会社勤めの時のように、有給はありませんし、誰かが変わって仕事をしてくれるわけではないのです。
自営業の場合は国民健康保険に入るのはもちろんですが、それだけでは、治療費や入院費用を医まかなえるとはかぎりません。
独立する場合は、医療保険や生命保険の見直しなどは当然加入しておくべきです。
また最近では、女性特有の疾病にそなえる女性がん保険などもありますので、女性起業家は検討しておくといいでしょう。
さらに、自分が動けない場合の事業資金の確保のためや、高齢で事業を辞めるときなどにそなえて、退職金代わりの積み立てなどもよく考えておくべきです。
独立するということは、全てのリスクを自分で軽減させるための予防措置をとっておかなければならないということですので、事業のことだけでなく、リスクについてよく考えておくようにしましょう。

トップへ戻る