資産運用も考えよう

独立したら、定年退職はありませんが、さすがに70、80ともなれば歳をとって働けなくなるでしょう。

老後の資金は、会社員以上に心配です。

ある程度、独立して収入がはいるようになってら、個人年金などで、資産を運用して増やしていかなければならないでしょう。

独立したら頼れるのは時ぶん゛自身ですから、老後の資金などについても十分な対策が必要です。

国民年金や介護保険などがありますが、国民年金は十分な額はもらえない可能性が高い出すし、介護保険だけでは、十分な介護は受けられない可能性があります。

介護保険制度だけでは、十分なサービスのある有料の介護施設や、老人ホームなどに入ることなどできないのです。

おそらくたいていの場合、起業後は、事業の事ばかりで、頭が一杯で、資金は全部事業のためにつかってしまうことがかんがえられますが、自分や配偶者の老後の生活も考慮して、貯蓄や資産運用はおこなっていかなければなりません。


トップへ戻る