FCや代理店加盟で独立?

経験やノウハウをがあれば、それを資源として独立開業するのもいいと思います。

さらに経験を生かして、独立開業資格を取得をするのもいいですね。

本当にやりたかった仕事について働いている人がそう多くはないという現状を考えると、経験もノウハウもない仕事で独立したい場合もおおいでしょう。

業界知識がなければ独立は困難ですから、経験やノウハウを手に入れるために手っ取り早い方法としては、FCに加盟することではないかと思います。

単純に商品やサービスだけ欲しい場合は、代理店募集などを見つけて加盟するという方法も選択できますね。

FCの場合は、ある程度の開業資金がさえあれば加盟は簡単ですが、デメリットもあるので注意してほしいと思います。

開業資金が多額になるのは、もちろんそれにみあった対価があるのならば、時間と費用を節約できるわけですから、仕方有りませんが、それほどの価値のないFCもあると思います。

またロイヤリティーが普通はありますので、開業したら最後、利益がなくて支払いは続くということになります。

更に独立といういみでは、FCはシステムも完成された状態で、敷いてくれる線路の上を走っていくだけの手軽さですが、自身の自由に創意工夫には制限がありますので、本当の意味での独立心は満たされないかもしれません。

独立したにも関わらず、本部という上司のようなものが存在することを認識しておかなければならないでしょう。

さらにいうと、儲からない、仕事がおもっていたものとちがうなど、やめたくなっても、休止したり廃業してりすることが容易にはできず、やめる場合は違約金などが発生したりする契約もありえます。

また赤字経営でもやめることができず、取り返しのつかないほど負債がふくらんでいくリスクがあります。

このようにFCでの独立の場合、成功しなかったときのリスクはかなりのものになることを覚悟しておく必要があります。

フランチャイズで独立開業する場合は、十分に本部やそのビジネス、契約内容を吟味しないと大変なことになるかもしれませんので、慎重にかんがえましょう。

トップへ戻る