確定申告と経理のアウトソージング

確定申告と経理のアウトソージング

確定申告と経理のアウトソージング

税務の調査は会社にとっても非常に怖いことではありますが、個人事業主ともなれば、さらに恐ろしいものなのだそうです。

個人事業主の場合、経営を自分で行っているので、納税の際に非常に記載漏れや収益上乗せなどをつい行ってしまい、税務の調査を受けることになるそうです。

私も突然電話がかかっきて、その日のうちに、うかがいという電話をもらった事があります。
なんの後ろめたいこともなくても、税務調査となると、不安になってしまうものです。

本来は、国民が主役で、税金をおさめてもらうという立場で、税務署にとって国民は、大切なお客さんで、税務署員は、奉仕者であるわけですが、強力な国家権力ですから、ついつい、気がひけてしまいますよね。

自分では完璧な帳簿を作ったつもりであっても、個人事業主の場合には税務の調査が入ってくることが非常に多いのだそうです。

特に青色申告を行っている個人事業主の場合、税務の調査も厳しくなってきますから、ある程度は覚悟しておいたほうがいいようです。

特に個人事業主の中でも自由業の場合、どういうわけなのか、税務の調査の標的にされることがかなり多いようなのです。

税務の調査がどうして個人事業主を標的にしていくのかという理由は不明な点が多いのですが、狙われやすいことは確かです。

税務の調査が狙うのも、もしかすると個人事業主の場合になってくると、自分で作った帳簿だから他者の目がないからなのかもしれません。

そこでかなり収益を上げている個人事業主の場合には、ほとんどと言っていいほど税務の調査対策のために、税理士さんにお願いしていることが多いようです。

できれば、収益が上がってきたら、経理のアウトソージングをしたほうがいいでしょう。

腕のいい税理士さんの力を借りて、個人事業主は税務の調査が入らないようにいろいろと策を練っているのだそうです。

そこで個人事業主ほど、税務の調査を恐れている納税者はいないといってもいいのかもしれないと思えるほどです。

個人事業主だからこそ、自分で働いた分を冷静に見なければなりませんし、納税の際にも正確に書かなければならないから恐れるのが税務の調査です。

税務の調査では、普段からネットビジネスを行っているひとなどについては、サイトやASPから調べているようです。

税務の調査がきた場合には個人事業主ならば、とにかく正確に記されている帳簿や、経費のための領収書を用意しておかなければなりません。

また腕のいい税理士さんに相談しておき、どのように対策を練ったらいいのかを考えて、税務の調査に備えている個人事業主もいらっしゃいます。

やはり個人事業主の場合には税務の調査が入ったら、その日は仕事ができなくなってしまいますから死活問題といえるでしょう。

まださほど収益が上がっていない個人事業主の場合には税務の調査は、ほとんど縁がありません。
ところが個人事業主が必死になって働いた毛結果、急激に収益を伸ばして言った場合には、かなりの確率で現れるのが税務の調査です。

トップへ戻る